Friday, December 16, 2016

瞑想と風邪

風邪を引いてから1週間。なかなか瞑想に集中できずにいる。
ちなみに風邪の原因は、薄い毛布で身を包みながら寝た夜に、猛烈に空気が冷え込んだからだ。
(瞑想をしているからと言って、いきなり超人になるわけではないだろう)

ところで風邪を引いてすぐの時は、1分の瞑想もできなくなった。体力がもたない。
たとえば歩きながらの瞑想も「歩くことに集中する」よりも「雑念」に身を委ねるほうが楽だった。

それから日数が経って、だんだんと体調が戻ってくるにつれ、瞑想の時間は5分、10分、15分と回復していった。
しかし、ようやく30分坐れるようになっても、まだ雑念が消えていくスピードが遅い。
風邪をひく前のような、集中度の高まりは感じられずにいる状態だ。

逆に、ふだん瞑想をしている時は、相対的には高い集中レベルを発揮していたのだなと気付かされる。
なんとももどかしいが「悪い瞑想はない」と自分を励ます。
運動にもリハビリ期間はあるし、瞑想だって同じだろう。

逆に、瞑想をすることによって、いま自分がどれぐらいのコンディションにあるのかが分かる、とも思った。定点観測のようなものだ。
一見、体力が回復してきているようであっても、瞑想に集中しきれないということは、まだ意識は完全に回復しきっていないのだ。

ひとつ良かったことは、風邪を引いている時は何かとネガティブになりがちだが、その環状のレベルは弱かったこと。
病み上がりに雑念が次々に浮かんできても、そのマイナスの影響度も弱く感じたことだ。

あとひとつは、まさに風邪で寝込んでいる最中に「心地良い呼吸」に集中すると、まるで体調が悪いのが嘘のように、心地良く眠れたことだ。


No comments:

Post a Comment