Tuesday, March 21, 2017

感覚に対処する vs ただ経験する

ひとつの感覚に対して

- 対処しようとする
- ただ経験する

この二つの違いは大きい。

普段、僕らは不快な感覚からは逃れようとする。
「逃れようとする」のは対処の一種だ。
「忘れようとする」「変えようとする」「気をそらそうとする」のも対処だ。

逆に「味わう」「放っておく」「観察する」というのは「経験する」という行為だ。

僕らは何か感覚が生じた時、いつでも対処しようとしている。
何らかの対応を取ろうとする。
そして常に「ベストな対処」を探し求めている。

だけど、そもそも「対処」なんかしなくて良いとしたら?

たとえば、不快さを起している感覚を味わってみる。
そうすると、実は不快だと思いこんでいた感覚は、そんなに恐くないものだと分かる。
むしろ、その感覚を味わうのを楽しむことさえ出来る。
そして「今、この感覚を経験している」と気付くと、喜びさえ感じられる。

実は、不快さからは、逃げようとしなくても良い。
感覚は味わったり、観察したり、その経験を楽しむことが出来る。

「感覚が起こっている」ということ自体、じぶんというものが存在している証拠だ。
これを経験として楽しまない手はない。

1 comment:

  1. I suppose increasingly people are starting to understand that we made a huge mistake placing vo tech Raised Toilet Seats programs on the again burner. Well, yeah, and you understand, it had quantity of|numerous|a variety of} leading girls in manufacturing push again on that and say it just isn’t actuality. We is not going to be reflooding manufacturing unit floors with droves and droves of manufacturing unit males coming to work like the 1950s. It’s always been to me it’s been the ladies that we’ve interviewed on the podcast that see manufacturing in a bigger bigger|an even bigger} ecosystem and so they understand where it’s going.

    ReplyDelete